実際に行って本当にお勧めしたい観光地情報:福島県観光情報 あぶくま洞 三春の滝桜 大内宿 鶴ヶ城 石部桜 

※色々な観光地に行って本当におすすめしたい所だけを載せた観光情報※
ホームページ作成者の好きな旅先 1:社寺仏閣(御朱印) 2:桜・紅葉 3:お城 4:温泉 5:滝や自然の順番です。
観光地には人それぞれの趣味などがあると思うので、上記の順番を参考にサイトをご覧ください。
すべての観光情報を確認したい方は、下記の絶対確認観光情報をご覧ください。

鶴 ヶ 城    おすすめ度★★★★★

福島県会津若松市追手町1-1  

鶴ヶ城06.jpg会津は戦国時代東北の要として、蘆名・伊達・上杉・保科(松平)と、有力な大名が治めた城下町で、幕末の戊辰戦争の舞台としても有名な場所。
戦国時代には、伊達・上杉などが治め、徳川幕府になってからは、高遠城主であった徳川歴代最強のNo.2と言われた保科正之が治め幕末までに、賑やかな城下町として栄えました。
幕末には戦争の激化により、最終的には悲しい場所として有名になってしまいましたが、今では会津若松全体が観光地をして、鶴ヶ城などは桜の名所としてライトアップされ多くの観光客で賑わっている。
鶴ヶ城02.jpg
コメント:桜の季節のライトアップは、そりゃ~綺麗!春の花が満開の時期の鶴ヶ城も最高だけど、冬の雪が積もり、木々に葉が無い状態の少し寂しそうなお城も何か雰囲気があっていい。雪国だからこそのお城って感じ。

鶴ヶ城04.jpg鶴ヶ城05.jpg鶴ヶ城07.jpg鶴ヶ城03.jpg

あ ぶ く ま 洞    おすすめ度★★★★★

福島県田村市滝根町菅谷東釜山1  

あぶくま洞02.jpgあぶくま洞は約8,000万年という歳月をかけて創られ、全長600mの洞内は、天井から下がる鍾乳石や床下から突起するタケノコのように堆積してできる石筍など鍾乳洞でしか見ることの出来ない景色を見ることができる。日本六大鍾乳洞にも数えられている。
あぶくま洞の近くには入水鍾乳洞があり、こちらも見ごたえのある鍾乳洞になっている。
あぶくま洞01.jpg
コメント:日本三大鍾乳洞には入っていないけど、首都圏から車で行ける鍾乳洞ではかなりの大きさを誇る鍾乳洞だと思うし、鍾乳石の大きさや洞内の空間は申し分なしに立派。入口付近のスペースも観光地っぽくていい。

あぶくま洞04.jpgあぶくま洞03.jpgあぶくま洞05.jpgあぶくま洞06.jpg

三 春 の 滝 桜    おすすめ度★★★★★★

福島県田村郡三春町滝字桜久保 

三春滝桜03.jpg樹齢約1000年、樹高13.5メートル、枝張22メートルと日本屈指の桜、国の天然記念物にも指定され、山梨県神代桜、岐阜の薄墨桜と並び、日本三大桜になっている。見た目の迫力は日本随一だと思います。
桜が好きな人は一度は見ておきたいところですが、満開時期はとにかく渋滞が凄く、船引三春IC出口から三春の滝桜まで渋滞するほどの人気。
他にも多くの桜を見ることができる。
三春滝桜02.jpg

コメント:これぞ日本が誇る桜って感じだねぇ~、歴史を感じる山梨の神代桜、散る間際に薄墨の色に変わる不思議さのある岐阜の淡墨桜だったら、大きさ・迫力・樹形の美しさは三春の滝桜ですなぁ~。

三春滝桜04.jpg三春滝桜05.jpg三春滝桜01.jpg三春滝桜06.jpg

大 内 宿    おすすめ度★★★★★★

福島県南会津郡下郷町大内山本  

大内宿03.jpg大内宿は昔会津と下野(現在の日光今市)を結ぶ32里で会津から2番目の宿場町として1640年頃に整備されました。
会津藩の18回にも及ぶ参勤交代や江戸廻米の輸送として、会津藩と友好関係にあった、米沢藩や新発田藩なども利用していた重要な道でした。
この宿場町は、昭和56年(1981)に宿場町としては妻籠宿、奈良井宿に次いで全国3番目に重要伝統的建造物群保存地区に選定されている。

大内宿05.jpg
コメント:宿場町として栄えた場所を、再整備して作られた観光地で、四季折々楽しめる場所。自然の中にポツンと茅葺屋根の家々が並びタイムスリップしちゃった感じになる!!秋は一番奥のイチョウが綺麗に色づき、冬は町全体が雪に覆われる。

大内宿01.jpg大内宿04.jpg大内宿02.jpg

石 部 桜    おすすめ度★★★★☆

福島県会津若松市一箕町大字八幡  

石部桜03.jpg樹齢約600年で県内でも有数の古木、樹高11メートル、枝張19メートルとかなり横に広く見ごたえのある桜。
石部桜01.jpg
コメント:会津若松付近では、鶴ヶ城の桜が有名だけど、この石部桜も絶対欠かせない会津の桜の名所!!2013年の大河ドラマのオープニングにも使われただけあって、とっても綺麗な桜です。