実際に行って本当にお勧めしたい観光地情報:栃木県観光情報 古峯神社 大谷寺 大谷資料館 足利フラワーパーク

※色々な観光地に行って本当におすすめしたい所だけを載せた観光情報※
ホームページ作成者の好きな旅先 1:社寺仏閣(御朱印) 2:桜・紅葉 3:お城 4:温泉 5:滝や自然の順番です。
観光地には人それぞれの趣味などがあると思うので、上記の順番を参考にサイトをご覧ください。
すべての観光情報を確認したい方は、下記の絶対確認観光情報をご覧ください。

※下をクリックすると他の栃木県観光情報に移動します

古 峯 神 社    おすすめ度★★★★★

鹿沼市草久3027  

古峯神社1.jpg古峯(ふるみね)神社は標高約700mの場所に位置し日本武尊(やまとたけるのみこと)を御祭神として祭ってある神社です。
古くは1300年物歴史を持ち日光山の開山された勝道上人の修行の場とされていました。
境内には天狗にまつわる物も多くあり、天狗信仰も盛んな場所です。
古峯神社4.jpg
コメント:境内には庭園があり紅葉の名所としても有名で、境内にもモミジなどが秋になると真っ赤に染まりとっても綺麗!!ここは御朱印も14種類ぐらいあってとってもユニークな御朱印が見られる。

古峯神社5.jpg古峯神社3.jpg古峯神社2.jpg古峯神社6.jpg

大谷寺(大谷観音)    おすすめ度★★★★★

宇都宮市大谷町1198  

大谷観音2.jpg大谷寺は大谷観音という名として広く知られ、弘仁元年(810)に弘法大師が開山され、堂内には国の重要文化財・特別史跡に指定されている、磨崖仏(まがいぶつ)を参拝することができる。
大谷寺周辺には高さ27mの大谷石造の平和観音や縄文時代の大谷岩陰遺跡なども見る事が出来る。
※大谷石とは約2千万年前の噴火によって生まれた緑色凝灰石の事。
大谷観音3.jpg
コメント:堂内にある大谷石の壁に掘られた仏様たちは静けさの中にあり、とても神秘的。他にも洞窟内に埋め込まれるように立つ本堂も魅力的。

大谷観音1.jpg大谷観音6.jpg大谷観音5.jpg大谷観音4.jpg

大谷資料館    おすすめ度★★★★★★

宇都宮市大谷町909  

大谷資料館 (14).jpg大谷資料館は大谷石の元採掘場や、それにまつわる資料が展示されており、巨大な採掘場後を見学することが出来る。
大谷石の採掘の歴史は古く、6~7世紀には古墳に用いられていたり、弘仁元年(810)には大谷寺の大谷観音を弘法大師が彫り完成させている。
江戸時代中頃から本格的な採掘が始まり、大谷石は様々な目的で使用されるようになり、資料館としては昭和54年(1979)に一般公開されている。
大谷資料館 (28).jpg
コメント:資料館から地下採掘場に降りていくと、物凄い迫力の巨大地下採掘場が現れる!凄く有名な観光地ではないけど、色々な映画や、有名な歌手のPV・コンサート、OMEGAのイベント開催など、色々なイベントに多く使われるぐらいの採掘場なので行って損はないと思う。近くに大谷寺・平和観音もあるので観光地としてはお徳。

大谷資料館 (8).jpg大谷資料館 (22).jpg大谷資料館 (4).jpg大谷資料館 (62).jpg

足利フラワーパーク   おすすめ度★★★★★

足利市迫間町607  

足利フラワーパーク (123).jpgあしかがフラワーパークは年中通して色々な花を楽しむことが出来ますが、4月中旬から5月中旬まで園内いっぱいに咲く藤の花の時期には、1年を通してもっとも多くの観光客で賑わっている。
園内には600畳敷の大藤棚3面と世界でも珍しい八重の大藤棚などから、白藤・きばな藤の花のトンネルなど様々な藤の花を観賞できる。とにかく藤棚やトンネルのスケールが大きく、観光客を驚かせている。
足利フラワーパーク (135).jpg
コメント:とにかく藤が好きな人にはお勧め!!藤棚のスケールが凄いし、紫・白・黄色と色んな藤を見ることが出来る、藤のパラダイス。藤の季節とシャクナゲとツツジの満開時期も大体一緒なので、凄く楽しめる事間違いなし。

足利フラワーパーク (49).jpg足利フラワーパーク (15).jpg足利フラワーパーク (77).jpg足利フラワーパーク (26).jpg

2014年登載