実際に行って本当にお勧めしたい観光地情報:群馬県観光情報 富岡製糸場 榛名梅林 臨江閣

※色々な観光地に行って本当におすすめしたい所だけを載せた観光情報※
ホームページ作成者の好きな旅先 1:社寺仏閣(御朱印) 2:桜・紅葉 3:お城 4:温泉 5:滝や自然の順番です。
観光地には人それぞれの趣味などがあると思うので、上記の順番を参考にサイトをご覧ください。
すべての観光情報を確認したい方は、下記の絶対確認観光情報をご覧ください。

※下をクリックすると他の群馬県観光情報に移動します

富岡製糸場   おすすめ度★★★★☆

富岡市富岡1-1  

富岡製糸場 (6).jpg富岡製糸場は明治5年(1872)に明治政府によって、日本近代化の為に設置された模範器械製糸場です。維新後、政府が日本を外国と対等な立場にするべく、産業・科学技術の近代化を推し進め、その模範として富岡製糸場が建てられました。
20世紀初めには世界中に安価で良質な生糸を輸出し、高級繊維の絹を身近な存在に変えることが出来ました。第二次世界大戦後には生糸生産のオートメーション化に成功し、その自動操糸機は世界に輸出され、世界の絹産業に貢献してきました。
富岡製糸場 (43).jpg
コメント:日本が誇る近代産業の代表的存在。建物内の機器を見ても何がなんだかわからない・・・でも、ひと目ですごい機会だなって事は素人でもわかる気がする。日本でしか作れない日本人にしか作ることができない全自動の機会!!海外から買ってきた機会をはるかに超える機会を作った先人達はマジで凄い( 涙 )

富岡製糸場 (3).jpg富岡製糸場 (77).jpg富岡製糸場 (20).jpg

桜山公園   おすすめ度★★★★★

群馬県藤岡市三波川2166-1  

桜山公園 (10).jpg桜山公園は、明治41年(1908)に当時の三波川村長の飯塚志賀氏により日露戦争戦勝を記念して、国有地であった山林を買い取り約5haを公園にして、埼玉県安行市の植木屋より1,000本の桜の苗を購入し、村内の各戸から持ち寄ったカエデの苗310本と共に植樹したのが始まりです。
現在は県立公園になっていますが、第一の広場の日本庭園では、日本でも有数の石の産地でもある三波石を1,500tも用い造成された美しい池泉回遊式庭園になっている。
桜山公園 (22).jpg桜山には晩秋から初冬にかけて、2015年現在では国の天然記念物に指定されている淡紅色の冬桜が咲き誇り来る人を楽しませてくれる。
桜山は昭和12年(1937)には冬桜と共に、国の名勝・天然記念物に指定されている。

コメント:桜山公園の日本庭園のライトアップは、とにかく感動すること間違いなし!風のない日は、池に映る紅葉が見事で、周りに余計な建物が無いので、日本庭園が好きな方にもお勧めです。

桜山公園 (2).jpg桜山公園 (24).jpg桜山公園 (20).jpg

チャツボミコケ公園   おすすめ度★★★★★

群馬県吾妻郡中之条町大字入山13-3  

チャツボミゴケ公園 (49).jpgチャツボミゴケ公園は、元々は群馬鉄山と言う鉱山で、昭和18年(1943)戦時中の金属不足解消目的から、商工省が日本鋼管鉱業に採掘権を斡旋して開発計画が開始され、昭和20年(1945)頃に採掘が開始されました。
その後、昭和40年(1965)に採掘が停止され、平成24年(2012)に中之条町に譲渡され「チャツボミゴケ公園」として一般に公開されるようになりました。
チャツボミゴケ公園 (2).jpg
コメント:岩間を流れる川・岩いっぱいに自生する苔の景色に、温泉特有の硫黄の匂いが、とにかくチャツボミゴケ公園の最大の魅力。苔は直射日光や厚さに弱いので、夏よりもツツジが咲く春か、紅葉の時期がお勧めみたいで、苔好きにはたまらない公園。

チャツボミゴケ公園 (1).jpgチャツボミゴケ公園 (23).jpgチャツボミゴケ公園 (25).jpgチャツボミゴケ公園 (36).jpg

榛 名 梅 林   おすすめ度★★★☆☆

高崎市上里見町1072付近  

榛名梅林04.jpg榛名梅林は群馬三大梅林に数えられ、約7万本の梅の木が植えられている。なだらかな傾斜の山に植わっている為、日当たりが良く花の季節になると満遍なく咲き誇り、甘い香りに包まれる。
2月から3月にかけては様々なイベントが開催されている。
榛名梅林03.jpg
コメント:高台に位置しながら、梅林自体の標高差がないのと日当りが良いためか、全部の梅の木が一気に咲き誇るのでとても綺麗。

榛名梅林02.jpg榛名梅林01.jpg榛名梅林05.jpg

臨 江 閣   おすすめ度★★★★★

前橋市大手町3-15-3  

前橋臨江閣 (2).jpg前橋市大手町3-15-3 http://yahoo.jp/xtKGrz
臨江閣の本館は明治17年9月に迎賓館として数奇屋風建築で、別館は明治43年に一府十四県連合共進会の貴賓館として書院風建築を用い建築されました。
本館と茶室は県指定重要文化財・別館は市指定重要文化財となっており、大河ドラマの主人公:揖取素彦(かとり もとひこ)や市内の有志らの協力で建てられた群馬でも貴重な建築物です。
前橋臨江閣 (15).jpg
コメント:こちらは前橋市が無料で開放している歴史のある建築物で、そんなに観光地化されていないけど、日本建築と西洋建築が凄く良く融合していて、私的には凄く好きな建物みたいなぁ~。

前橋臨江閣 (1).jpg前橋臨江閣 (59).jpg前橋臨江閣 (21).jpg前橋臨江閣 (61).jpg

楽 山 園   おすすめ度★★☆☆☆

群馬県甘楽郡甘楽町大字小幡648-2  

楽山園 (4).jpg楽山園は、小幡藩二万石の群馬県唯一の大名庭園で、江戸時代初期に織田信雄によって築庭された、池泉回遊式の借景庭園です。
楽山園の名前の由来は、孔子の「智者は水を楽しみ、仁者は山を楽しむ」の一文から名づけられたと言われています。
平成12年(2000)には、群馬県では初めて国指定名勝に指定されました。

楽山園 (11).jpg楽山園 (20).jpg楽山園 (7).jpg楽山園 (15).jpg

PHOTO(左上から嬬恋・箕郷梅林・榛名梅林・鬼押し出し)

嬬恋.jpg箕輪梅林03.jpg榛名梅林01.jpg鬼押し出し02.jpg