実際に行って本当にお勧めしたい観光地情報:栃木県観光情報 華厳の滝 日光東照宮 霧降の滝 裏見の滝 竜頭の滝

※色々な観光地に行って本当におすすめしたい所だけを載せた観光情報※
ホームページ作成者の好きな旅先 1:社寺仏閣(御朱印) 2:桜・紅葉 3:お城 4:温泉 5:滝や自然の順番です。
観光地には人それぞれの趣味などがあると思うので、上記の順番を参考にサイトをご覧ください。
すべての観光情報を確認したい方は、下記の絶対確認観光情報をご覧ください。

※下をクリックすると他の栃木県観光情報に移動します

華 厳 の 滝    おすすめ度★★★★☆

栃木県日光市中宮祠2479-2  

華厳の滝03.jpg
男体山の噴火により堰き止められた中禅寺湖からの地表を流れる唯一の流出口大谷川にある滝。落差97mの滝を一気に流れ落ちる様は壮観で、和歌山県の那智の滝、茨城県の袋田の滝と共に、日本三名瀑のひとつにも数えられている。
華厳の滝01.jpg
コメント:日本三大名瀑の筆頭!!水量・迫力共に申し分ない。。。冬は全面凍結はしないものの滝下部は霧状になった水が凍結して、滝を覆うように凍る姿は素晴らしい。日光は東照宮・秋のいろは坂・そして華厳の滝と観光地満載!!

華厳の滝02.jpg華厳の滝04.jpg

日光東照宮    おすすめ度★★★★★

日光市山内2301  

日光東照宮03.jpg日光山の歴史は長く、勝道上人が弘仁7年(816)年に日光山山頂に三社権現の社を創建するなど、徳川家康の東照宮の時代よりかなり早くから信仰の場としていた場所。
日光東照宮は元和3年(1617)江戸幕府を開いた、初代徳川将軍徳川家康公をご祭神としてお祭りした神社で、家康公時代には築城の名手:藤堂高虎が建造に携わっており、本殿や陽明門など数多くの国宝や重要文化財もあり、平成11年12月には世界文化遺産にも指定され、首都圏からも車で2時間ほどで行ける観光スポットになっている。
日光東照宮05.jpg
コメント:日光東照宮周辺は1度行っただけでは、ちゃんと回りきれない。王道の場所以外にも良い所がいっぱいあり、輪王寺の金剛桜と、灯篭・杉の大木に至るまで楽しめるところは∞だい。

日光東照宮07.jpg日光東照宮08.jpg日光東照宮01.jpg日光東照宮02.jpg

霧 降 の 滝    おすすめ度★★★★☆

日光市所野1546付近  

霧降の滝02.jpg霧降の滝は日光三名瀑の1つで、上下2段に分かれており、上段25m・下段26mで全長は75mになり、いくつにも折り重なってできた滝は、下段がまるで霧を降らせるかごとく水が岩に当たり飛び散るように流れることから、この名前が付いたとされている。観爆台からは新緑の季節から紅葉の季節まで様々な滝の様相を眺めることができる。
霧降の滝01.jpg
コメント:近くから見ることはできないけど、自然の中に何段にも折り重なり流れる滝はそれは美しい。周りの木々の四季折々の変化に溶け込むように流れる霧降の滝は独特の美しさがある。

裏 見 の 滝    おすすめ度★★★☆☆

日光市丹勢  

裏見の滝03.jpg日裏見の滝は日光三名瀑に数えられ、落差約19m・幅約2mと大きい滝ではないが昔は滝を裏から見る事が出来たので、この名が付けられた(現在は道がない為見る事が出来ない)
滝の裏には出羽三山から迎えられた不動明王像が安置されていたり、松尾芭蕉が裏見の滝を訪れ奥の細道に俳句を残している。
裏見の滝02.jpg裏見の滝01.jpg
コメント:今はしっかり滝までの通路は整備されており綺麗な滝を見れる。

竜 頭 の 滝    おすすめ度★★★★★

日光市中宮祠2485  

竜頭の滝 (2).jpg湯ノ湖から中禅寺湖の間にある滝で、テレビや雑誌で出てくる竜頭の滝はごく一部で頭の部分になる。
正面から見る落差60mの滝はもちろん、横の遊歩道からは急斜面を流れる約210mの岩を豪快に流れる滝も見所になっている。
竜頭の滝03.jpg
コメント:滝の美しさというより、滝を取り巻く地形と上手く混ざり合った綺麗な滝。こんなに周りと上手く調和した滝は中々ない気がする。茶屋の前の滝だけではなくそこまで流れてくる段々なっている滝も中々の美しさだね。

竜頭の滝01.jpg竜頭の滝05.jpg竜頭の滝04.jpg竜頭の滝06.jpg

PHOTO(左上から加仁湯・マックラ滝・丁字の滝・寂光の滝・)
加仁湯.jpgマックラ滝.jpg丁字の滝.jpg寂光の滝.jpg